NEWSお知らせ

お知らせposted 2017/12/1

【国際フォーラム】大学におけるティーチング・アシスタント(TA)制度改革の挑戦 〜大学・大学院教育の充実にむけて〜

開催日
2018年2月27日(火)
時間
12:50~17:30
会場
広島大学東広島キャンパス大学会館1階大集会室
使用言語
日本語・英語
募集期間
ポスター発表エントリーは2月12日まで、一般参加は2月18日まで。
受付
終了 ※応募方法については、所属研究科の事務室にご確認ください

※応募方法については、所属研究科の事務室にご確認ください

本ページを下にスクロールしていくと、申込方法が確認できるようになっています。

 

●このポスターのダウンロードはこちら

●実施要項のダウンロードはこちら

●ポスター発表リストはList of Poster Session

 

1.趣旨

 

主体的かつ深い学びを促進するような大学教育を実現するためには,正課内外における様々な学習支援の仕組みが必要となります。正課の教育活動において,教員の補佐をし,直接学生の学びに関わるTA制度は,その中でも重要な役割を担っています。同時に,大学院生が,TAトレーニング研修やTA活動を通じて専門分野の理解を深め学習支援方法を知ることにより自立した教育者へと成長することの意義,また,アカデミックキャリア以外でも生かすことのできる汎用的資質・能力が身につくことが様々な取り組みにおいて指摘されているところであります。

 

TA制度の運用はすでに多くの大学で実施されており,研修の機会も提供されており,継続的な制度改革も進められています。本学におきましてもスーパーグローバル大学創成支援事業を通じてTAを三階層にわけ,それぞれの役割の明確化と各階層に適した研修の機会を提供するHirodai TA制度への改編を行いました。しかし,教員と共に正課の教育活動に関わるためには,教員はTAにどのような情報を共有し,TAにはどのような支援能力や科目に関する専門知識を有する必要があるのか,誰がどう育成するのか,教育の質向上につながっていることをどう示すのか,等,試行錯誤の部分が多く,これらは国内関係者間でも十分に議論されているとは言えません。

 

そこで,この度,全国の関係者が一堂に会しTA制度のあり方を議論する場として,下記の通り国際フォーラムを企画いたしました。本フォーラムは2部構成とし,前半ではアメリカにおける大学教員養成,すなわちPreparing Future Faculty (PFF)のモデルになったコロラド大学ボルダー校Graduate Teacher Programのディレクターに先進事例を紹介いただくとともに,広島大学における制度改革の概要と取り組みからの課題について共有いたします。第2部は参加者間の交流をいっそう実質的なものにすることを目的に,各大学の取り組み及び知見を報告するポスターセッションとします。コロラド大学の先生方にもご参加いただき,コメントをいただく予定です。

 

2.プログラム 

 

日時:2018年2月27日(火)12:50~17:30

 

場所:広島大学東広島キャンパス大学会館1階大集会室

最寄りのバス停:大学会館前

(東広島キャンパスまでのアクセス構内最寄バス停キャンパスマップ

 

11:50~

 

ポスターセッション受付開始

※発表者はお早めに会場までお越しください。

12:20~ 一般参加者受付開始
12:50~13:00 開会の挨拶&趣旨説明
13:00~15:00 基調講演
13:00~14:00

 

 

Graduate Teacher Program at University of Colorado, Boulder:  How it developed and where it is going(英語)

Prof. Marcia Yonemoto

Director of the Graduate Teacher Program, University of Colorado Boulder

14:00~14:20 質疑応答
 

14:20~15:00

 

 

三階層ティーチング・アシスタント制度「Hirodai TA」の理念と実践

―広島大学の取り組みと展望―(日本語)

戴 容秦思 広島大学TAサポートデスク特任助教

15:00~15:20 質疑応答
 

15:30~16:50

 

ポスターセッション

16:50~17:20 総括:フィードバック&フィードフォワード

Prof. Marcia Yonemoto, Dr. Preston Cumming

Graduate Teacher Program, University of Colorado Boulder

17:20~17:30 閉会の挨拶
18:00~

 

情報交換会(任意参加;参加費:学生2,000円、その他4,000円)

場所:広島大学東広島キャンパス内のマーメイドカフェ

 

3.対象者

 

SGU採択校「TA活用の実践」に取り組む関係教職員・関係学生、各大学でTAやSA(学部生による学習支援)制度の運営や育成に取り組む関係教職員・関係学生,本フォーラムに関心のある方

 

 

4.申込方法

 

  • ポスターセッション「TA/SA制度を通じた教育改革へのチャレンジと課題」へのエントリー(定数30)

申込期間:2017年12月1日(金)~2018年2月12日(月)(締め切りました)

  1. 連名で発表される場合、代表者がエントリーしてください。(代表者以外の方がご出席なさる場合は、一般参加としてお申込ください。重複エントリーになりませんようご注意お願いいたします。)
  2. 所定の様式を用いてポスター発表の要旨を作成してください。
  3. 申込フォームに進み、フォームに従ってお申し込みください。
  4. 「ポスターの作成要領」に従ってポスターを作成し、発表者各自で持ち込み、当日の11時50分~12時20分(予定)の間に指定のポスターボードに掲示してください。

ポスター発表リスト:List of Poster Session

 

  • 一般参加(定員60)

申込期間:2017年12月1日(金)~2018年2月18日(日)

 

申込方法:申込フォームに従ってお申し込みください。

 

  • 情報交換会にご参加予定の方へ

参加費は学生2,000円、その他4,000円です。参加費は当日、受付にて集金させていただきます。どうか事前に千円札でご用意頂けれれば幸いです。

なお、ご留意頂きたいのは、一般参加の申込〆切(2018年2月2日)以降の変更・キャンセルは原則できません。どうしてもという場合については、申し訳ありませんが、参加費をいただくことになります。どうかご理解のほどお願いいたします。

 

5.事務局

 

広島大学TAサポートデスク(担当:戴,中野)

TEL:082-424-4394,4429  Mail:tadesk@office.hiroshima-u.ac.jp

本ページを下にスクロールしていくと、申込方法が確認できるようになっています。

 

●このポスターのダウンロードはこちら

●実施要項のダウンロードはこちら

●ポスター発表リストはList of Poster Session

 

1.趣旨

 

主体的かつ深い学びを促進するような大学教育を実現するためには,正課内外における様々な学習支援の仕組みが必要となります。正課の教育活動において,教員の補佐をし,直接学生の学びに関わるTA制度は,その中でも重要な役割を担っています。同時に,大学院生が,TAトレーニング研修やTA活動を通じて専門分野の理解を深め学習支援方法を知ることにより自立した教育者へと成長することの意義,また,アカデミックキャリア以外でも生かすことのできる汎用的資質・能力が身につくことが様々な取り組みにおいて指摘されているところであります。

 

TA制度の運用はすでに多くの大学で実施されており,研修の機会も提供されており,継続的な制度改革も進められています。本学におきましてもスーパーグローバル大学創成支援事業を通じてTAを三階層にわけ,それぞれの役割の明確化と各階層に適した研修の機会を提供するHirodai TA制度への改編を行いました。しかし,教員と共に正課の教育活動に関わるためには,教員はTAにどのような情報を共有し,TAにはどのような支援能力や科目に関する専門知識を有する必要があるのか,誰がどう育成するのか,教育の質向上につながっていることをどう示すのか,等,試行錯誤の部分が多く,これらは国内関係者間でも十分に議論されているとは言えません。

 

そこで,この度,全国の関係者が一堂に会しTA制度のあり方を議論する場として,下記の通り国際フォーラムを企画いたしました。本フォーラムは2部構成とし,前半ではアメリカにおける大学教員養成,すなわちPreparing Future Faculty (PFF)のモデルになったコロラド大学ボルダー校Graduate Teacher Programのディレクターに先進事例を紹介いただくとともに,広島大学における制度改革の概要と取り組みからの課題について共有いたします。第2部は参加者間の交流をいっそう実質的なものにすることを目的に,各大学の取り組み及び知見を報告するポスターセッションとします。コロラド大学の先生方にもご参加いただき,コメントをいただく予定です。

 

2.プログラム 

 

日時:2018年2月27日(火)12:50~17:30

 

場所:広島大学東広島キャンパス大学会館1階大集会室

最寄りのバス停:大学会館前

(東広島キャンパスまでのアクセス構内最寄バス停キャンパスマップ

 

11:50~

 

ポスターセッション受付開始

※発表者はお早めに会場までお越しください。

12:20~ 一般参加者受付開始
12:50~13:00 開会の挨拶&趣旨説明
13:00~15:00 基調講演
13:00~14:00

 

 

Graduate Teacher Program at University of Colorado, Boulder:  How it developed and where it is going(英語)

Prof. Marcia Yonemoto

Director of the Graduate Teacher Program, University of Colorado Boulder

14:00~14:20 質疑応答
 

14:20~15:00

 

 

三階層ティーチング・アシスタント制度「Hirodai TA」の理念と実践

―広島大学の取り組みと展望―(日本語)

戴 容秦思 広島大学TAサポートデスク特任助教

15:00~15:20 質疑応答
 

15:30~16:50

 

ポスターセッション

16:50~17:20 総括:フィードバック&フィードフォワード

Prof. Marcia Yonemoto, Dr. Preston Cumming

Graduate Teacher Program, University of Colorado Boulder

17:20~17:30 閉会の挨拶
18:00~

 

情報交換会(任意参加;参加費:学生2,000円、その他4,000円)

場所:広島大学東広島キャンパス内のマーメイドカフェ

 

3.対象者

 

SGU採択校「TA活用の実践」に取り組む関係教職員・関係学生、各大学でTAやSA(学部生による学習支援)制度の運営や育成に取り組む関係教職員・関係学生,本フォーラムに関心のある方

 

 

4.申込方法

 

  • ポスターセッション「TA/SA制度を通じた教育改革へのチャレンジと課題」へのエントリー(定数30)

申込期間:2017年12月1日(金)~2018年2月12日(月)(締め切りました)

  1. 連名で発表される場合、代表者がエントリーしてください。(代表者以外の方がご出席なさる場合は、一般参加としてお申込ください。重複エントリーになりませんようご注意お願いいたします。)
  2. 所定の様式を用いてポスター発表の要旨を作成してください。
  3. 申込フォームに進み、フォームに従ってお申し込みください。
  4. 「ポスターの作成要領」に従ってポスターを作成し、発表者各自で持ち込み、当日の11時50分~12時20分(予定)の間に指定のポスターボードに掲示してください。

ポスター発表リスト:List of Poster Session

 

  • 一般参加(定員60)

申込期間:2017年12月1日(金)~2018年2月18日(日)

 

申込方法:申込フォームに従ってお申し込みください。

 

  • 情報交換会にご参加予定の方へ

参加費は学生2,000円、その他4,000円です。参加費は当日、受付にて集金させていただきます。どうか事前に千円札でご用意頂けれれば幸いです。

なお、ご留意頂きたいのは、一般参加の申込〆切(2018年2月2日)以降の変更・キャンセルは原則できません。どうしてもという場合については、申し訳ありませんが、参加費をいただくことになります。どうかご理解のほどお願いいたします。

 

5.事務局

 

広島大学TAサポートデスク(担当:戴,中野)

TEL:082-424-4394,4429  Mail:tadesk@office.hiroshima-u.ac.jp


一覧へ一覧へ